第26話

つばめのしゅん太さんは、オランウータンのクレバ博士の研究所の中に入りました。

「おじゃまします…」

研究所の中は、いろいろな実験機器が並んでいました。その中でも、部屋の中心に置かれている赤や緑のビンから湯気が上がっている謎めいた機械には、非常に興味がわきました。それを察してか、クレバ博士は、

「これ~は~、あた~らしい~おんせん~の~もと~を~かいは~つ~して~いるん~じゃ~よ~。」

と教えてくれました。

「へぇー。」

「とこ~ろ~で~、その~とっ~くりを、とっ~くりぃ~と~みせて~くれる~か~なぁ。」

(ぷっ)

オランウータンのクレバ博士の妙なダジャレにつばめのしゅん太さんは、思わず吹いてしまいました。

第26話

投稿ナビゲーション