第15話

(極うまのしょうゆだと確信して汁を作ったはずなのに、どうして…)

たぬきのどん平さんは、急にめまいがして、そのまま厨房に倒れてしまいました。

「どん平さん~、どう

したん

だぃ~。」


お店からねずみのチューたろうさんが、厨房にかけ込んでくるのが、うっすらと見えました。そして、ねずみのチューたろうさんが側に来るか、来ないかのうちに、そのままたぬきのどん平さんは気を失ってしまいました。

第15話

投稿ナビゲーション