第14話

「ねずみのチューたろうさん、どうかな? 実はしょうゆを変えてみたのだけれども…。」

たぬきのどん平さんは、恐る恐るねずみのチューたろうさんに聞いてみました。

「ふ~む。」

少し考え込んでいるようでした。

「なんていえばいいのかなぁ~。麺は抜群においしいよ。これぞ、まさしく、どん平さんの麺だ。でもなぁ~、汁がなぁ~。」

たぬきのどん平さんは、がっくりと肩を落としました。

(そんなはずでは…)

厨房に戻って、汁を確かめてみました。明らかに、どん平さんにとっては、以前の汁よりもおいしく感じます。

第14話

投稿ナビゲーション