第13話

「勘定は、ここに置いとくよ。まっ、俺は前のどん平さんのうどんの方が、絶対おいしいと思うよ。」

そう、セリフを残して、うまのパカラックさんは店を出ました。うまのパカラックさんは、いつも汁まで飲み干すのに、今日に限って丼の中に汁がかなり残っています。たぬきのどん平は、その様子にとてもショックでした。それ同時に、

ガラガラ(戸の開く音)

もう一人の常連でもあるねずみのチューたろうさんがやってきました。チューたろうさんは、うどんだけではなく、ラーメンにも造詣が深い方です。うまのパカラックさんには今回のうどんがいまいちのようでしたが、ねずみのチューたろうさんには、この熟成が進んだ極うまのしょうゆの汁の味を気に入ってくれるかもしれない。気分新たに、そう、たぬきのどん平は期待しました。

「どん平さん。うどん、いつものように大盛りで頼むよ。」

「かしこまりました。」

たぬきのどん平は心をこめてうどんを茹で、きつねのつね次郎さんからいただいた極うまの醤油の汁をかけ、ねずみのチューたろうさんの前に差し出しました。

「おっ、いつものうどんと感じが違うね。どれどれ…」

たぬきのどん平さんは、うまのパカラックさんの件もあって、心臓がドキドキしていました。

第13話

投稿ナビゲーション